現代人に増えている理由

春になると山の方は白く霞んでいることが多くなっていますが、これは植物から花粉がたくさん放出されているケースも多く、花粉症の人にとっては見たくもない光景だと思います。
花粉症は昔からある症状ではありますが、特に近年は症状に悩む人が増加している傾向にあると言われており、それに比例するかのように毎年のように新しい花粉症対策グッズが販売されています。
なぜ現代人に増えているのか気になるポイントだと思いますが、これは生活習慣の乱れが深く関係していると言われており、特に食生活の乱れやストレスの増加などはアレルギーの症状を悪化させる原因になるとも言われています。
そもそも花粉症になるのは大気中に浮遊している花粉が口や鼻から入り、それを体が敵だと認識することで過剰反応が起こるためですが、このような体の基本的な反応を免疫機能と言い、免疫機能が低下することによって花粉症の症状が悪化することに繋がります。
免疫機能と関わりが深いのが自律神経になりますが、自律神経の悪化を促すのが生活習慣とも言われています。
花粉症対策を考える上で生活習慣を改善させることが一つのポイントになってきますが、一度症状が見られるようになると花粉症対策に力を入れても元の状態に戻ることは難しいのが現状です。
花粉症対策用のアイテムは数多く販売されていますが、対策を間違えると全く効果がない可能性もあるので選ぶ場合はしっかりと見極めてから選ぶ必要性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です